Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索

Image

部落解放大阪青年共闘会議 学習会MAY  1th, 2018

差別は人間自身が作り出したもの
4月18日にHRCビルで部落解放大阪青年共闘会議の第1回学習会が開催されました。
会場には、自治労・解放同盟・大阪教組・JP労組・情報労連・全日建から33名が集まり、全日建からは5名参加しました。

部落解放大阪青年共闘会議 学習会
学習会

知識をふかめて差別無き社会へ

講師には、寺木伸明氏(桃山学院大学名誉教授)を招いて、「部落問題の歴史」をテーマに学習をしました。 講義では「何のために部落の歴史を学ぶのか」「部落差別とは何か」という部落差別問題の基礎的な話を聞いたり、実際に皮革産業で使われる皮を触ったり、貴重な体験をさせていただきました。

寺木教授の講義のなかで、「雷や地震は自然現象なので防ぎようがないし無くなることはないが、差別行為は人為現象なので、学習したり実践することで、必ず人の手で無くすことができる」という言葉がとても印象に残りました。

今まで部落差別についてここまで深く学んだことがありませんでしたが、今回の被差別部落の歴史学習会で、部落差別の歴史や成り立ちなどを学ぶことができました。
現在、部落差別はとても見えにくくなっています。差別は決して他人事ではありません。誰もが差別を受ける可能性をもっています。大切な人が差別を受けて悩んでいる際に、相談を受けても解決できる力を身に付けるためには知識を深めることが大切だと改めて感じました。
青年女性部は、今後も学習会や、フィールドワークに積極的に参加していき、被差別部落の問題を一人でも多くの人に広めて差別を無くしていけるよう活動していきます。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細