Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

フクシマ連帯キャラバン・さよなら原発1000万人アクション

APRIL 28th, 2017

まだ震災は終わっていない!
3月13日から20日にかけてフクシマ連帯キャラバンに参加しました。このキャラバンは福島県南相馬市をスタートし茨木県、栃木県、群馬県、福島県を周り、20日の東京の代々木公園で開催される「さよなら原発1000万人アクション」を目指しました。

放置されたままの民家
放置されたままの民家

今回のキャラバン隊は、平和ファーラム、全日建、全港湾、全国一般、自治労、日教組、国労、全労協が連帯し18名で結成され、関生支部からは3名が参加しました。

今回は、原発事故に対しての補償の打ち切りや国と東電への責任追及や適正な除染作業、避難計画などを各自治体、役場要請し、原発事故を風化させないように脱原発への署名活動や、街宣行動などを取り組みました。

各自治体への要請書を提出に行きましたが、3月末に予定される避難区域の解除や避難者への補償の打ち切り、脱原発に賛同する自治体もありました。

竜田駅 写真は2013年2月
竜田駅 写真は2013年2月
2011年 東日本大震災(福島第一原子力発電所事故)により休止。 2014年(平成26年) 6月運行再開

死者・行方不明者は1万8千人あまりと甚大な被害の東日本大震災。その復興に当たる閣僚が、「まだ東北だったから良かった」との発言

汚染は残り、避難指示区域は解除へ

しかし被災地では、除染作業が進まず6年前のままになっているところがありました。
町は未だ放射線量が高い状態で、町にはいたるところに汚染土の山が積まれています。避難者は不安でとても生活できる状態では無いのに避難区域解除が告げられます。この国の対応は許すことができません。
今回の活動で各地で激励の言葉をもらい、たくさんのことを学びました。
全日程を終えて、共に声を上げたいろんな仲間たちと離ればなれになりましたが、各地で原発問題が続く限り脱原発を勝ち取り、闘うことを約束し、今年のフクシマ連帯キャラバンを終えました。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細