Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

国民の力で絶対止めようTPP承認

DECEMBER 2th, 2016

10月29日に靱公園にてTPPの批准を阻止しよう! ストップ!TPP 緊急行動御堂筋パレードが開催された。

ストップ!TPP
トラクターを先頭にデモ行進
STOP TPP ACTION in OOSAKA

ストップ!TPP緊急行動御堂筋パレード

10月29日に靱公園にてTPPの批准を阻止しよう!ストップ!TPP緊急行動御堂筋パレードが開催された。

安倍政権が11月4日の衆院特別委で、TPP承認案と関連法案を強行採決させた。その前段で必ずTPPを阻止しようと、各階層が結集して大阪市民にアピールするため、集会・パレードを行った。

連帯挨拶で、全日農京都は農業を守るため、NPO自然派食育・全大阪消費者団体は食の安全を守るため、大阪府保険医協会は保険制度を守るため、また、水政策研究所からは、大阪市の水の民営化を阻止しようとアピール。最後に労働組合から全日建近畿地本の西山書記長が労働法制改悪反対、雇用破壊を阻止しようと訴えた。

この日参加した議員団(民進党・共産党・自由党・社民党)からも熱い発言があり、当日は、山本太郎参議院議員も急遽駆けつけ、集会に参加。「現状の国会情勢や安倍自民党のウソとデタラメ政治を暴露しなくてはならない」と力強く発言した。

パレードでは、農業・医療制度を破壊し、中小企業経営を破壊し、そして、雇用も破壊するこのTPPを批准させてはならないと、参加者がむしろ旗やTPP批准反対のプラカードを掲げ市民にアピール。トラクターを先頭に御堂筋をパレードした。
街頭にいる外国人たちから賛同の声援をもらいながら、御堂筋を南下し難波までデモ行進を行った。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細