Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

第9期沖縄意見広告四国・九州キャラバン
APRIL  6th, 2018

あきらめない! 新基地建設阻止

1月17日より沖縄から第9期沖縄意見広告キャラバンがスタートした。今回は2月18日から2月20日に四国ルート、2月27日から3月2日の九州ルートに参加した。

昨年の第8期沖縄意見広告キャラバンの東海ルートで集会を開催した結果、1万2千人を超える賛同者の獲得ができた。その経験を踏まえ、今回は、各地方の基地反対を支持・支援をしてくれている仲間とともに集会を持つことで沖縄の現状報告すると共に、さらに連帯の輪を広げ団結をすることを目的にキャラバンをスタートした。

辺野古『新基地』

大浦湾(おおうらわん)に辺野古『新基地』を作ろうとしている

各地の集会に参加して基地建設の反対を訴え

四国ルートでは2月18日に香川県坂出で開催された「直ちに辺野古工事の中止を!第9期沖縄意見広告運動inかがわ!」に参加。九州ルートでは3月1日に長崎県佐世保で開催された「3・1ビキニデー佐世保地区集会(原水爆禁止日本協議会主催)」に参加した。

直ちに辺野古工事の中止を!第9期沖縄意見広告運動inかがわ!
直ちに辺野古工事の中止を!第9期沖縄意見広告運動inかがわ!

抗議船船長が現状報告  権力弾圧を粉砕しよう

各集会で、辺野古キャンプシュワブ新基地建設工事に対する抗議船の船長が辺野古の現状を報告。その後、私たち関生支部が今受けている権力弾圧の報告を西山執行委員が行った。川口真由美さんの力強い歌声で参加者を魅了して両集会ともに盛況のうちに終わった。

各地で賛同団体を募り、拡大する意見広告運動
両ルート共に、前年度賛同をいただいている愛媛県と高知県の平和運動センター、徳島人権平和運動センター、部落解放同盟徳島県連合会、熊本県平和運動センターに訪問。新たに福岡教職員組合を訪問して意見広告運動の趣旨説明と賛同依頼を行った。今回のキャラバンは終了した。
今後は、4月23日から東海・関東ルートを計画し、集会尽くしで行なう予定である。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細