Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

釜ヶ崎越冬支援パトロールFEBRUARY  16th, 2018

労働者が野宿を強いられている
昨年12月30日、朝日分会のメンバーを中心に釜ヶ崎越冬支援パトロールに参加しました。神奈川県の高校生や一般の方も合流して、二手に分かれてパトロールを行い、皆さんからカンパしていただいた支援物品を配りました。

越冬支援物品集約状況
上着103着 ズボン58着 ジャンパー37着
軍手61ダース 作業着38セット 靴下67足
カイロ35箱 その他28着
皆さんのご協力ありがと うございました。

野宿では餓死や凍死の恐れ

毎回参加されている方から話を聞くと「シェルターは狭くて息苦しい」などの理由で野宿を選ぶ人もいるそうです。とは言ってもこの冬を外で過ごすのはとても体に負担がかかり、餓死や凍死の恐れもあります。
今回の臨泊には379名(うちケアセンター96名)が入所することができたと聞きました。昨年の432名と比べると50名以上減少していますが、釜ヶ崎地域内で野宿を強いられている人が100名以上います。シェルターや施設の拡大が必要だと感じました。

多くの労働者に声掛け
パトロールでは、お腹を空かせている人にはお弁当を配り、布団や毛布が必要な人には毛布を配りました。また、離れた場所にいる方には声をかけ、話しかけたり、カイロを配るなど、私たちができることをさせてもらいました。
今回、私は初めて参加しました。次回の釜ヶ崎越冬支援パトロールにも参加しようと決意しました。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細