Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

憲法こわすな!おおさか総がかり集会

MAY 8th, 2017

5月3日、憲法記念日に扇町公園で「憲法こわすな!5.3おおさか総がかり集会」が開催され、18000人の労組・市民が参加。

Highlight

おおさか総がかり実行委員会 ホームページ

憲法こわすな!おおさか総がかり集会
憲法こわすな!おおさか総がかり集会

主催者を代表して丹羽徹(大阪憲法会議共同センター幹事長)が挨拶。「憲法が施行されて70年目となる記念すべき年だ、憲法が発効した当時は敗戦から2年目で、国民の多くが生きていくのに精一杯だった。そんななか、戦争は二度としない、自由に物事を考え表現できる憲法を歓迎した。いまこの憲法を安倍は改悪しようとしている。改憲を阻止し、安倍政権を次の総選挙で与党の座から引きずり下ろそう」と呼びかけた。

次に大阪弁護士会共謀罪法案対策の伊賀弁護士から「共謀罪法案」について発言。共謀罪法案が通ったら、警察が一般市民も監視することになり、とくに労働組合や反原発や新基地建設反対の運動を抑え込むため共謀罪の対象とする危険性が高まっていると指摘した。

憲法改悪阻止
憲法改悪阻止

野党共闘で勝利を

続いて民進党辻元議員、共産党辰巳議員、社民党福島議員、自由党渡辺元衆議院議員から連帯挨拶を受けた。

辻元氏からは「憲法審査会が三回開かれたが、このなかで参考人から現憲法は押しつけ憲法ではない、国家緊急権について国の権限より地方自治の権限を強化すべきとの発言があった。国が憲法を護ろうとしていないことは明白」と発言。
さらに「憲法9条は変えるべきでないと考える若者が増えている」(辰巳氏)、「沖縄で山城さんが威力業務妨害で逮捕拘留されたが、これからは基地の前で座り込みしようと下見をしただけで威力業務妨害が成立することになりかねない」(福島氏)、「野党共闘でアベ政治を終わらせよう」(渡辺氏)とアピールが続いた。

市民の行動が必要
このあと、市民運動団体によるリレートークを行い、参加者全員で「憲法こわすな!」のステッカーを上げてアピール。集会終了後、3コースに分かれパレードを行った。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細