Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

介護・福祉総がかり行動

DECEMBER  18th, 2017

介護切り捨てに反対の声を上げる!
これ以上黙っていられない、介護関係者が立場や団体にとらわれず大同団結し、今年5月に「介護・福祉総がかり行動」を立ち上げました。そして11月11日、介護の切りすてアカン!と総がかり集中行動を展開しました

介護・福祉総がかり行動
介護・福祉総がかり行動 扇町公園      


介護関係の仲間が結集して厳しい環境をアピール

扇町公園に、富山からこられた3名をはじめ介護関係者およそ100名が集い、思い思いの胸のうちをスピーチしました。その後、車イスを先頭に1時間かけ大阪市内を、「介護の切り捨てに反対!一緒に声を上げよう!」と呼びかけながらデモ行進をしました。

介護関係者の街頭行動は、今回が初めての取り組み。小人数でしたが、介護を取り巻く環境が厳しいので今後は広がる可能性が十分あります。
介護現場は極度の人手不足で、年次有給休暇はおろか日々の休憩時間も満足に取れない職場が多くあります。介護労働者の賃金は全産業平均より月10万円ほど安く、いくら募集しても応募が少なく職員不足は解消しません。介護労働者の生活は、低賃金で苦しく、将来設計ができません。

介護労働者の賃上げ率0.18%
政府は、介護労働者の賃上げ率0.18%とした     

過去に介護報酬を大幅カットして、介護事業所の倒産続出

3年ごとに介護報酬の見直し・改定があり、2015年改定では介護報酬が大幅にカットされました。そのため、倒産する介護事業所が急増しています。2018年改定では上図の介護報酬が予定されており、事業運営はより一層厳しくなります。

その一方で、介護保険料は上がり続け、労働者は源泉徴収で、年金受給者は年金から天引きで強制的に取られます。それでいて、介護が必要となり介護保険を利用しようと思った時には、満足に利用することができなくなってしまった介護保険制度。このままでは、「保険料あって、介護なし」、介護保険は国家的詐欺になってしまいます。福祉予算をけずり、軍事予算にまわす安倍政権は許せません。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細