Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

大阪朝鮮高級学校の無償化訴訟
大阪地裁は、学校側の請求を全て認める

OCTOBER  13th, 2017

国の違法性問う画期的判決

大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を高校授業料無償化制度の適用対象から外した国の処分の是非が争われた訴訟で、大阪地裁は7月28日、処分は違法だとして取り消し、無償化を命じました。
報道によると「教育の機会均等の確保とは無関係な政治的意見に基づいており、裁量権を逸脱している」と認定。北朝鮮や朝鮮総連との関係を理由に、朝鮮学校を除外してきた安倍政権の姿勢を厳しく問う判断とのこと。この裁判所の判断・認定は画期的です。

高校無償化法は民主党政権下の2010年4月に施行されました。大阪朝鮮高級学校も毎年11月に適用を申請していましたが結論が出ぬまま、12年12月に自民党の第2次安倍政権が発足。安倍政権の文部科学相に就任した下村博文氏は「拉致問顆の進展がなく、朝鮮総連と密接な関係にある」と発言し、2ヵ月後に朝鮮学校を制度から外したのです。

訴訟で国側は、北朝鮮との密接な関係を指摘した報道などを概拠に、学校が朝鮮総連による『不当な支配』を受けていると主張し、「無償化の適否を判断する基準である『法令に基づく適正な運営』の確証が得られない」としていました。


Highlight

さらに詳しくは 無償化連絡会・大阪 ホームページ へ

大阪高等・地方・簡易裁判所
大阪高等・地方・簡易裁判所合同庁舎本館(大阪市北区)

横暴な安倍政権!

今回の判決は、「適正運営の判断は財務状態などで客観的に認定するべきで、『不当な支配』の判断は文科省の裁量に委ねるべきではない」と出されたものです。裁量を許せば、逆に行政権力による教育への過度な介入の容認につながると懸念し、戦前・戦中の軍国主義的な教育への反省からできた教育基本法の趣旨に反するとの認識を示したのです。

その上で、不当な支配の有無を検討したところ、「国側が示した報道内容が、合理的根拠に基づくと立証されていない」と指摘。学校への朝鮮総連の一定の関与は認定しましたが、「歴史的事情を考慮すれば不適正とは言えず、不当な支配で自主性のない教育を余儀なくされているわけではない」と結論づけました。

新たな運動の展開を進めよう
朝鮮学校の無償化除外をめぐっては、5ヵ所で訴訟が起こされ、初の判決となった7月19日の広島地裁では学校側が敗訴しています。
9月13日には東京地裁で判決があります。私たちは、この判決を支持して共に闘うことが重要です。

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細