Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索

ストップ! TPP
反対緊急行動発足集会

農業・医療・保険制度の崩壊につながるTPP

9月9日、ストップ!TPP緊急行動(準)が主催して、学働館・関生で「この国の枠組みを破壊するTPPの国会批准を阻止しよう!ストップ!TPP緊急行動!」発足集会が開催された。

Highlight NEWS

9月26日からはじまる秋の臨時国会で、安倍政権は最重要課題としてTPP(環太平洋経済連携協定)の国会承認と批准を行おうとしている。

TPP交渉差止・違憲訴訟の会山田幹事長
TPP交渉差止・違憲訴訟の会山田幹事長

TPP 今、何が問題なのか

TPPは農業破壊のみならず、医療・保険制度の崩壊、雇用の破壊と私たちの生活に直接影響することは明らかであり、地域社会も崩壊してしまうものである。しかも、アメリカでも現在の大統領選で公然と両候補者が反対を表明するなかで、不透明な状態で日本政府は批准させようと必死である。

今回は、本当に関心が広がらないこの問題について同志社大学教授の田淵太一氏の講演と緊急行動の発足集会にあわせて来阪してくれた元農水大臣・TPP交渉差止・違憲訴訟の会幹事長の山田正彦氏の講演の二本立てで行った。
講師2名のTPPの講演を聞くために関西の農業関係者や医療関係者そして生コン関連と産業横断的に総勢200名を超す参加者のなかで開催された。

TPP反対を再確認
一部の多国籍企業のみが優遇される、このシステム導入は絶対認めるわけにはならない。世界でも批准された国で起こっている大きな反対運動を私たちはいち早く知り、独裁者安倍の行う制度の本質を見極める力と能力を持たなければ、日本社会が本当に崩壊していくことになる。「TPPに反対する運動を広げていかなくてはならない」と再認識した講演会であった。


TPPは日本社会を崩壊させると講演

TPPは日本社会を崩壊させると講演

 

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細