Close
Free HTML5 Bootstrap Template

About Me

連帯ユニオン

他人の痛みは我が痛みの精神で、労働運動に取り組んでいます。 働く人々の労働条件の向上を目指して、日々活動しています。

Search

Goole!検索
Image

被曝71周年原水爆禁止世界大会・広島

今年4月に開催された連帯フェスタでたくさんの人が折った折り鶴を持って、8月4日から6日に行われた被曝71周年原水爆禁止世界大会・広島に参加した。 

Highlight NEWS

「核も戦争もない平和な21世紀に!」をスローガンに、被曝71周年原水爆禁止世界大会・広島が8月4日から6日に行われた。

被爆地広島から発信
被爆地広島から発信
核も戦争もない世界を目指そう
核も戦争もない世界を目指そう

核も戦争も反対の声を!

連帯労組は毎年参加しており、今年も連帯フェスタで多くの人たちに折ってもらった折り鶴を手に参加した。折り鶴は原爆の被爆者となった笹木禎子さんが病状回復を祈念し、折り始めたのが起源となっている。

8月4日、広島に到着。1500羽を越える折り鶴を奉納してから、原爆資料館を見学した。世界中から集まった観客は、一つひとつの展示物を熱心に観覧していた。 被曝71周年開会式は、広島県立総合体育館大アリーナに3000人を集め核廃絶を訴え成功裏のうちに終えた。

5日は多くの分科会があるなか「被爆者を生まない世界に」と「上関原発を考える集い」に参加。チェルノブイリ原発事故の被爆者であるエカテリーナ・ヴィコワさん、また上関原発新設反対運動を行っている仲間からの講義を受けた。

6日には広島県民文化センターでまとめ集会があり多くの参加者が核廃絶を訴えた。
戦後71年の今、戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさを知る人が減っていくなか、これを風化させるわけにはいかない。人間は戦争の兵器として核爆弾を開発、平和利用の名の下で原子力発電政策を推し進めてきた。
しかし、人間と原子力は共存できない。チェルノブイリや福島原発事故を見れば明らかである。 電力は足りているにもかかわらず、コストダウンを名目として原発再稼働をめざし、戦争政策を進めている政府に反対し、核も戦争もない平和な世界を作るため世界民衆と連帯し闘おう。

 

労働組合とは
連帯ユニオンは、「他人の痛みは我が痛み」の精神で労働運動をしています

労働組合とは

詳細